劇団荒城

画像



夜の部お芝居「追っかけ音次郎」、荒城真吾座長&光城真さんで



画像



荒城勘太郎君です


今日は、捻挫した足を引きずりながら葛飾を目一杯歩き回りまし
たが、流石に疲れてきました。

汗を沢山かいたので、お風呂に入りたいなー、そしてジェットバス
に入って、マッサージチェアに乗ると、捻挫もすぐに治るような気が
しました。

そこで、帰りに小岩によってお芝居を見て、今日のフルコースは終
了です。

今日は平日の夜ということもあり、比較的空いていました。
お風呂も洗い場に並ぶこともなく、ゆっくり入れました。
ここは小岩駅に近く、繁華街にあるので、洗い場がやや狭いんで
す。

そして、天然温泉こそありませんが、この辺りのお芝居を上演する
場所では唯一、重炭酸泉やゲルマニウム入りや酵素入りのジェッ
トバスがあり、お湯の温度が温いので、長く入っていられます。

今日の夜の部のお芝居は「追っかけ音次郎」でした。
追っかけ音次郎(荒城真吾座長)、千太郎(光城真さん)、貸元(
姫川豊さん)、貸元のお嬢さん(大隅りんさん)、用心棒(大隅和也
さん)、用心棒の弟(姫乃まさかずさん)、おなか(轟純子さん)、子
分(姫乃ゆうま君、荒城蘭太郎君)、でした。

このお芝居は、最高に面白かったです
これは、そっちこっちで観ていますが、今日のは最後のシーンが抜
群に面白かったです。
最後の、切りたくても切れないシーンなんて、格好良さとおかしさが
入り交じり、独特の真吾ワールド満載でした。

それと、これには感心したんですけど、立ちまわりの時にビシュッ、
バシュッ、ていう疑似音が出るんですよ。
椿三十郎の映画の時の立ちまわりみたいな感じです。
これは、凄く格好いいです
どうやって合わせるのかなって、一瞬不思議に思いました。

舞踊ショーもいつもながら盛り沢山で、たっぷり楽しませていただき
ました。

最初のプロジェクターの映像が、この間とはちょっと違っていました。
仁とか義とかの文字と共に、劇団員の紹介があります。

勘太郎君の刀さばきが上手になりました。
「ゴットファーザー愛のテーマ」は格好良かったです。

そして、ラスト舞踊ショーの兄弟船は圧巻ですね。
これだけ沢山の座員がいるからこそ、出来るステージだと思います。
ここと、橘菊太郎劇団を見るといつも思います。

それと、この劇団は座長の個性が強烈で、それがそのまま劇団の
カラーになっていると思います。

帰りに駐車場に向かうと、客引きの黒服やら、坊主頭の集団やら、
変わった人達が沢山道ばたでたむろしています。

流石、小岩という感じですね。
でも、大衆演劇は、あまり綺麗な町並みよりも、こういうごちゃごちゃ
した活気に溢れた町並みの方が、意外に合うのかも知れません。


そういえば、帰りには捻挫が嘘のように治っていましたよ


こちらに画像を掲載しています
http://0bbs.jp/poudre/?o=11


人気ブログランキングへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック