テレビ大好き!(自由猫のように...)

アクセスカウンタ

zoom RSS 小梅と鼻炎

<<   作成日時 : 2013/11/01 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


小梅という名前はこのキャンディーから採りました。

コミックの小梅さんを知ったのは、それから少し後の

ことです。

賢くて優しい性格のコパンが継母のメロンにいじめ

られているのを可愛そうに思い、当時一緒に働いて

いた職場の同僚にもらってもらいましたが、その後に

ひょっこり我が家に現れたのが小梅でした。

見かけはコパンにそっくりで(多分母猫が一緒)、コ

パンのように優しくて可愛い猫になって欲しいなと

願いを込めて小梅と名付けたのですが、性格はコパ

ンとは真逆の、気性が激しく気が強い猫になってし

まいました。


病院でも大暴れするので、行きづらくなっていました

が、この間は別人(別猫)みたいに大人しかったです。

小さめの洗濯ネットに入れていったせいかも...

抗生物質や栄養剤の注射をしてもらい、点鼻薬をも

らってきて朝晩ポタポタと垂らしていますが、これが

また大変で、噛まれたり引っかかれたりで傷だらけ

になっています。


ご飯を食べるときにむせるらしく、一人で怒って暴

れている時もあります。

可愛そうなので鼻をかんであげようとすると噛まれ

るので、落ち着くまで待っています。

猫の鼻炎は完治するのが難しいらしいです。

皆さんも気をつけてくださいね。


話は変わりますが、1999年から、毎年一冊づつの

ペースで発売されていたコミック「ゾッチャの日常」

が終了してしまいました。

これは夏目漱石の「吾輩は猫である」みたいに、

猫の視線で飼い主との生活や、仲間の猫達との

関わりや冒険を描いています。

うちみたいに半外猫の生活が面白く描かれていて、

とても親近感が持てる内容でした。


たとえば、チャプター130の「今日という日は」では

ゾッチャがお散歩中にキャリーケースに入れられて

引っ越していく猫に会いさよならを言いますが、

「ボクには平凡な一日でも

今日が一番悲しい日のひとも世の中にはいるだろう

そう思ったら今 ここにこうしていられる事は

とっても凄いことなんだ。」

あなたの今日はどんなでしたか

と問いかけてきます。


そして、最終章のチャプター139「ボクと飼い主」

では、漫画家の麻綾の事を人間の着ぐるみを着た

猫だと思えば腹も立たないと言っています。

「愛がないわけじゃあないんだ

ただ 相手に合わせて自分を加減するってことがな

い できないのか しないのか

あるいは 発想そのものがないのか

どっちか知らないけどさ」

なんか、この辺は自分にも当てはまるところがある

ので、一瞬どきっとします。

私の場合は、しないんですけど...



画像


冷蔵庫にはベビーチーズのアーモンド味が残って

いました。

まだ沢山あります。

パクチーは全然食べないし、小梅も最近は殆ど食

べません。

パソコンの横に持ってきてコーヒーを飲みながら食

べていると、パクチーが側に来て顔を近づけてきま

した。

一かけあげると、ぱくぱく食べています。

「これはボクが食べるから大丈夫だよ。」

バジルの代わりに食べようとしているみたいです。

パソコンの横に置いてあるバジル専用の水も、今

はパクチーが飲んでいます。


でも、バジルがいなくなってから一週間くらいは

二匹とも私に近寄らなかったんですよ。

あまりにも激しく落ち込んでいたので、怖がられ

たのかも知れません


画像


寒いのですが、小梅はちょこちょこ外に出たり入っ

たりしてはパクチーにくっついて暖まっています。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
飴の小梅、美味いですよね(*´ω`*)漫画の小梅ちゃんは「漫画だから」と分かってはいても「あんな子、良いなぁ(*˘︶˘*).。.:*」と思いにふけってしまいます(笑)こちらの小梅ちゃんは何でそんなに乱暴なのかしら(^_^;)気性の荒い種類の血統なのかしら(*_*)でも治療が出来ないのは困りますよね。治療すると楽になるぞって気付いてくれると良いなぁ( ̄∀ ̄)
パクチー君は「僕がバジル君の分も」と慰めてくれてるのかな(^ ^)
miyo
2013/11/25 17:31
そうですね、中に入っている梅ペーストの甘酸っぱさが気に入っているので、いつもキャンディーポットに入っています。
コミックの小梅さんは可愛いですよね〜
でも、私はクリタやニタ殿やオードリーが好きなんですよ〜
小梅の気性が荒いのは、多分、子猫の頃から苦労しているせいだと思います。
食べ物を探すのも大変だったと思います。
メロンと必死で戦って、やっと自分の居場所を手に入れました。
でも、病院で暴れるのはコパンと一緒なので、その辺は血筋かも知れません。
点鼻薬を垂らすと楽になるはずなんですけど...
最近、パクチーがずーっとパソコンの側を離れません、不思議です
プードル
2013/11/26 00:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
小梅と鼻炎 テレビ大好き!(自由猫のように...)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる