テレビ大好き!(自由猫のように...)

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸黄門最終回スペシャル

<<   作成日時 : 2011/12/19 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は、42年間、1200回を越えた長寿番組「水

戸黄門」の最終回でした。

かつては、43.7%という高視聴率をたたき出した人

気番組も時代の流れには勝てず、ついに打ち切

りになってしまいました。

今日は、歴代の助さん格さんや由美かおるさんな

ど、懐かしい顔ぶれが出演されていて、思わずう

るうるしていまいました。

そして、神田正輝さんやみのもんたさんも華を添

えていらっしゃいましたよ。


「水戸黄門」は、祖父母、両親と3世代に渡って見

続けたので、もの凄く寂しいです。

こたつに入って、ミカンを食べながらみんなで観た

時代劇、その頃の光景が目に浮かびます。

時代劇の衰退は、日本社会における家族の崩壊

とも関係があるのでしょうか


またいつか、曜日や時間帯を変えて戻ってきて

欲しいです。


「水戸黄門」以外の時代劇も視聴率が振るわず、

NHKの大河ドラマ以外は連続ドラマが無くなって

しまう危機にあります。


「逃亡者 おりんU」が来年放映されるそうですが、

主演の女優さんは、悲しいくらいに時代劇に向い

ていない風貌です。

頬が痩けていて、凄く貧相に見えます。

それに、大和撫子的な美しさが感じられません


制作側にも問題があるような気がします。

時代劇の良さが分かっていない人が作っても、

時代劇ファンを満足させる作品が出来るはずが

ないんですよね。

ミスキャストがあまりにも多すぎます。


今回の、助さん格さんは台詞も立ち回りもイマイ

チで、印籠を出して「控えおろうー!この紋所が

目に入らぬかー!」という台詞さえまともに言え

ていません。

風車の八七も楓もイマイチだし...

八兵衛役の林家三平さんは容姿キャラ共にぴっ

たりだったと思います。

綾姫役の佐藤めぐみさんも時代劇向きの顔だと

思いました。

国家老役の西岡コ馬さんが大見得を切るシーン

は、思わず吹き出しそうになりました。

こういうシーンは、歌舞伎界出身者じゃないと難

しいのでしょうか

市川右太衛門さん、片岡知恵蔵さん、月形竜之

介さんの台詞回しを観て勉強して欲しいです。

今の状態では、若者はおろか、年配者にもそっぽ

を向かれかねません。


助さん格さんは20代の台詞や立ち回りが上手な

俳優がいいな〜

風車の八七は30代くらいのアクロバチックなアク

ションをこなせる元気な俳優がいいし、楓はもっと

ぴちぴちした若い女優さんがいいと思います。

黒川 智花さんとか...


私が一番好きな水戸黄門は、東映時代劇の月形

竜之介さんが黄門役で助さん格さんが中村錦之

助さんと大川橋蔵さんのものです。


台詞も、立ち回りも、容姿も非の打ち所がありま

せん。


昼間の時間帯に放映されている80年代頃の時

代劇も録画して観ているので、どうしても比べて

しまいます。


「八丁堀の七人」、「八百八町夢日記」、ちょっと

前の「斬捨て御免」「暴れん坊将軍」「大岡越前」、

「半七捕物帖」、「必殺仕事人V・風雲竜虎編」な

どもたっぷり録画してあるので、時間があるとき

に観ています。


「八百八町夢日記」のサイトがあるので観てみる

と、この頃は時代劇がブームだったそうです。


その頃は、高橋英樹さん、松方弘樹さん、北大

路欣也さん、そして、杉良太郎さんや松平健さん

も活躍していたのでしょうか


長い間人気を牽引してきた時代劇スターが高齢

化してしまい、後継者が育たなかったんですね。


かつてスクリーンに舞った、大川橋蔵さんや、市

川雷蔵さんや、若い頃の中村錦之助さんや里見

浩太朗さん、そして、長谷川一夫さんのようなうっ

とりするような綺麗な顔の役者さん達を一日も早

く発掘して頂きたいですね



画像


僕たちも、時代劇に出たいな〜(バジル)

そうねー、猫も刀を持って、

「ニャー、ニャー、ニャー」ってやると可愛いかもね〜



画像



画像


「ねー、絶対、僕たちのこと馬鹿にしてるでしょう」(パクチー)

「あらー、しょーんな事はにゃーいわよ〜」
















テレビドラマ水戸黄門 我らが副将軍! 世直し40年 (白夜ムック Vol. 331)
白夜書房
C.A.L

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テレビドラマ水戸黄門 我らが副将軍! 世直し40年 (白夜ムック Vol. 331) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テレビ「水戸黄門」のすべて
講談社
テレビ「水戸黄門」研究会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テレビ「水戸黄門」のすべて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウチは祖父、祖母と一緒に観てたのは暴れん坊将軍と大岡越前でした(^O^)高橋英樹さんの三匹が斬るも好きだったなぁ(o^∀^o)時代劇も、現代に合わせて作れると思うんですよね。八丁堀なんて面白いし時代劇だけど現代風な雰囲気もあって合ってると感じるし。新しい水戸黄門はチラッと観た時に違和感があったなぁ(^_^;)そういう風にミスキャストにするから駄目になっていくのではないかな…残念ですね。
miyo
2011/12/24 23:43
暴れん坊将軍と大岡越前は、最近再放送で観たんですけど、いい時代劇でしたね。
水戸黄門を観ていたのは、多分、祖父が水戸出身だったからだと思います。
必殺シリーズや八丁堀や三匹が斬るは現代的な時代劇だと思います。
水戸黄門も、現代風にアレンジしようとして失敗したような気がします。
助さん格さんは、多分20代くらいの設定だと思うのですが、どちらも40代ですし、黄門様以外はもっと若いイケメンタレントの方がいいと思います。
水戸黄門は、世直し旅というストーリーの関係で、現代的にしづらいんですよね。
でも、昔の漫遊記シリーズのように特捜を使って化け猫や妖怪と戦わせれば
、仮面ライダーシリーズのように子供にも受けるかも知れませんね(^^)
プードル
2011/12/26 09:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
水戸黄門最終回スペシャル テレビ大好き!(自由猫のように...)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる