テレビ大好き!(自由猫のように...)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マラソン

<<   作成日時 : 2011/02/27 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の東京マラソンは最後のスタートの時と、最

後の方だけ観ました。

その時は誰が一位だったか分かりませんでした

が、一位と二位はエチオピアとケニアの選手だっ

たそうです。

三位に川内 優輝さんという民間人が入ったそう

です


それにしても、日本人の男子マラソンランナーは

世界ランキングの100位にも入っていないそうで

すよ。

昔は、瀬古さんや双子の宗兄弟や谷口選手など

が活躍していましたが、いつの間にか寂しい状

況になってしまいました。



今回もAKB48の秋元才加さんや国分太一さん、

亀田興毅さんと和毅さん兄弟など、有名人が多

数出ていましたが、石原都知事と良純さんの親

子の交流がメインテーマだったような気がします。


石原都知事が、「順位や記録なんてどうでも良い

んだよ。完走できなかった人が控え室で泣いてる

んだよ。それを観ると感動して、俺たちももっと頑

張らなくちゃって思えるんだよ。」っておっしゃって

いましたが、確かにオリンピックや世界選手権な

どと違って、東京マラソンは出場した方達のドラ

マを観て感動することの方が多いですね。


走っている選手も、沿道の声援を聴くと足の痛み

を忘れて頑張れるって言ってますね。


良純さんは、お父さんに一度も父兄参観や運動

会にも来てもらえなくて、今回は今までの記録を

更新することで褒めてもらいたかったそうです。

いくつになっても、親に認めてもらいたい気持はあ

るんですね。

石原都知事も内心は嬉しそうで、「ご褒美に千円

あげるよ。」って言ってましたが、一千万円のこと

かしらなんて思いました。


メインキュスターの宮根アナも、「僕たちの親の世

代は高度経済成長期で、みんな同じように父親

が学校に来ることは少なかったんですよ。」って言

ってました。


そういえば、私も両親共に来てもらったことがない

ような気がします。

でも、いつも祖父が来てくれたから良かったんで

すけどね



都知事は、日本人の心の荒廃が一番の問題なん

だとおっしゃってましたが、私もそう思います。


日本がもっともっと貧しくて、就職も出来ないし、

食べ物もろくにない時代もあったと思うんです。

でも、対人関係や就職活動がうまくいかないから

といって、なんの罪もない赤の他人を無差別に殺

そうとするような人はいなかったと思うんです。


今、ニートや高齢者が麻薬の運び人に利用されて

いるそうです。

高額のアルバイトは、何となく危ない仕事という自

覚はあったそうですが、それでもお金の誘惑に負

けてしまうんですね。

アワビの窃盗団の見張り役も、アルバイトの若者

を使っているそうです。

漁師の方達が大切に育てているアワビをごっそり

盗んだり、他の農作物も根こそぎ盗んでいます。


つまり、捕まるのはいつもアルバイトに雇われた

ニートの若者や高齢者で、元になっている暴力組

織は危ない橋を渡らずにぼろ儲けが出来るわけ

ですから、こんな理不尽な事はありませんね。



警察は、何とか努力して犯罪組織を一網打尽に

していただきたいです





画像


夕べ外に出てみたら、ベージュの猫が塀の上に

出しっぱなしにしていた、パクチーのアウトドアご

飯を食べていました。


私の顔を見たらビックリして逃げていきましたが、

別に逃げなくてもいいのにな〜


まだ子猫みたいだけど、多分6ヶ月くらいかな〜


ベージュの猫と言えば、最近あまり見かけなくな

った巨大なボス猫に、この間駐車場から出てきた

ところでバッタリ会いました。



向こうは私の顔を覚えていたみたいで、こちらをち

らっと見ると尻尾を下げてすごすごと植え込みの

中に入っていきました。

どこかで石松を見かけなかったか、聞きたかった

んだけどな〜



この間、コンビニで買った「ゾッチャの日常」という

コミックを読んでると、主人公の白猫ゾッチャが石

松とイメージがダブるんですよ。


ゾッチャは子猫の時に若夫婦のご主人に拾われ

て、結婚記念日のプレゼントにされますが、なん

と奥さんは動物嫌いでした。

「リゾッチャでハワイに行こう」というコマーシャ

ルからゾッチャという名前を付けられますが、ご

主人が出張の間に、「子猫差し上げます。」の張

り紙をされてしまいます。


でも、逃げ出したゾッチャが庭で震えているのを

見てから、次第に子猫に対する愛情が芽生えて

きます。


そしてその夫婦が転勤になり、社宅は動物を飼

うことが禁止だった為に、ゾッチャは部屋付きの

猫として女子高生の漫画家に飼われることにな

るのですが、この少女漫画家が作者本人ではな

いかと思われます



ゾッチャは、子連れの野良猫を家に連れてきた

り、家に帰れなくなって他の家で別の名前を付

けられて飼われるようになったり、川に流された

り、ドアに挟まれて怪我をしたり、とても波瀾万

丈な人生(にゃん生)を送ります。


石松も、5匹の子猫をぞろぞろ連れた母猫を家に

連れてきたことがありますし、(それが小梅の祖

母になります。)行動が石松にそっくりなんです




私が買ったのはコンビニ版なのでまだ6巻ですが

、普通のは13巻くらいまで出ています。

内容は一緒ですが、厚みが違うので6巻でも13

巻分が入っています・

コンビニ版の方がお得だと思います


初版が1999年に出ているので、忘れた頃に次

が出るんですよね。


猫好きにはたまらない内容なので、また最初から

読んでしまいました









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京マラソン テレビ大好き!(自由猫のように...)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる