テレビ大好き!(自由猫のように...)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も寝不足!

<<   作成日時 : 2010/05/29 23:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

ここのところ、毎日時代劇のDVDを観たりして寝不足が

続いています。

さっさと寝れば良いんですけど、癖になっているんですよ

ね。


今月のデアゴスティーニ時代劇DVDコレクションは37本

目を迎えて、「霧の中の渡り鳥」です。


この作品は、哀愁漂う旅烏を、飛ぶ鳥を落とす勢いの二

枚目スターの大川橋蔵さんが演じる「草間の半次郎」シ

リーズ第4弾です。


こちら、デアゴスティーニのHPです

http://deagostini.jp/tjd/



この作品のロケシーンでは、浜松駅には黒山の人だか

り、道路には車を追いかけるファンの行列が続き、さらに

海岸の撮影シーンでは、漁師小屋が倒壊するほどの人

が押しかけて、町中が大パニックだったそうです。

熱い時代だったんですね



大川橋蔵さんは、新吾十番勝負の中世的な美剣士「葵

新吾」や「若様侍捕物帖」を当たり役にしていますが、女

形の歌舞伎役者に扮する「雪之丞変化」やテレビの「銭

形平次」も有名です。

任侠ものでは中世的な美剣士のイメージを捨て、それと

は対照的な男気溢れる侠客を演じました。


どうやら私は、「忠臣蔵」や「新撰組」のような侍の世界を

描いたものよりも、庶民の生活と人情を描いた「股旅もの」

の方が好きなようです。

ちなみに、三波春夫さんの唄が好きというわけではありま

せん。

上手いとは思いますが...








こちらは「草間の半次郎」シリーズ第二作目の「旅笠道

中」です






市川雷蔵さんの鯉名の銀平「雪の渡り鳥」です



市川雷蔵さんと大川橋蔵さんは、共に容姿の良さを見込

まれ歌舞伎役者の養子として育てられたそうです。

子供の頃から日本舞踊を習っていたので、背筋がスーッ

と伸びて、立ち居振る舞いが美しいですね。


私は、時代劇が衰退した原因が、このような歌舞伎の美し

さを取り入れた勧善懲悪の娯楽時代劇から、海外で評価

が高かった黒沢明作品のように変にリアルな時代劇にシ

フトしてしまったためだと思うんです。


海外で評価が高い時代劇が必ずしも良い時代劇だとは

限らないと思います。

時代劇は日本の文化の中から産まれたものですし、外

人に受けが良いかどうかはあまり関係ないと思うんで

す。

義理と人情などは日本人にしか分からないものですし...

でも、今の日本人はそのようなものは価値がないと思っ

ている方も多いかもしれませんが...


黒沢作品は確かに良くできていますが、映像が汚くてあ

まり何回も観たいとは思いません。

「浪人街」なんかも、二度と観たいとは思いません。

でも、大衆演劇版は別ですが...。

美味しいところだけ切り取って演じるので面白いんですよ。



時代劇は、変にアートを狙ったり賞を狙ったりすると、駄

目になるような気がします。


女性ファンがキャーキャーいうようなスターがいないと、盛

り上がらないと思います。


時代劇に不向きなジャニーズタレントをわざわざ使うのは、

女性ファンに観て貰うためだと思うんです。

確かに、今まで時代劇を見たことがない人なら大丈夫だ

と思います。



昔の時代劇を観てから今の時代劇を観ると、何だかみん

な不細工に見えるんですよね。

それは多分、不細工なわけではなくてちょんまげや着物

が似合わないだけだと思うんです。

大御所達は、もう年を取っていますし...


今は、日本人的な黄金分割の顔の俳優が少ないんです

ね。

それに時代劇に慣れていないので、台詞も弱々しくて、ち

っとも男らしく見えないんですよ。



だから、当分は昔の時代劇を見続けるような気がします。

不思議なことに、ずっと見続けているとリアルタイムに今

現在いる人のような錯覚に陥ります。


そのうち、女性がうっとりして何度も観たくなるような、綺

麗な顔の時代劇スターが出てくるのかな〜

かつて、長谷川一夫さんがカミソリで顔を切りつけられ

たそうですが、役者さんにとっては顔が命ですね。




DVDコレクションの次回配信は「お岩の亡霊」です。

若山富三郎さん主演のものです。

これ観たかったんですよー、楽しみ〜


このコレクションの魅力は、付録に付いてくる10ページ

ほどの解説本です。


DVDに入っている片岡千恵蔵さんは、わりとメタボ気味

(すいません)の姿なのですが、「風雲児信長」を

演じた頃のほっそりとして綺麗な顔立ちの写真が載っ

ていて驚きました。


役者さんも、年と共に太るんですね






画像


パクチーと小梅が、テレビの方を向いて寝ています


画像


バジルは、チーズをもらいにすぐに台所に来ます。

このときが一番撮りやすいです。

ピンぼけですが...


私の場合は、パナのカメラにキャノンのレンズという変則技

なので、マニュアルでピントを合わせるのが難しいです




画像



画像



画像



今日もおやつにプリンを作りました。

まずカラメルシロップ作りから始めます。

お鍋に砂糖と水大さじ二杯を入れ火にかけます。

そして焦げ目が付いたら水少々をジュワーーっと入れま

す。

水を入れるのを忘れると、べっこう飴になってしまいます。


出来上がりの写真を取り忘れて食べてしまいましたので

2008年4月のブログをご覧下さいね。

http://poudre.at.webry.info/200804/article_16.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します!
ディアゴスティーニは『Xファイル』の
シリーズの時に隔週で購入し、はまっちゃいました。
あれは寝不足になりましたねぇ。

子供の頃、杉良太郎が演じてた『遠山の金さん』の再放送でやってて、とても好んで観てましたぁ。
『遠山の金さん』は歌舞伎俳優さん(名前わからないです)、杉良太郎さん、松方弘樹さんと見比べましたが、杉サマが一番セクシーでよかったと思います(笑)

プリンの写真。。。
撮り忘れたのですか。。。
最後の最後で大爆笑ですw
ksk0204
2010/05/30 06:35
こんにちは。
私もディアゴのファンです。
今は落語百選を楽しんでいます。
先日、昼の再放送の月影兵庫をみて
松方弘樹さん、子供の頃見たオリジナルの
お父様とそっくりびっくりしました。
それにしても昔の俳優さんの綺麗さには
おどろきですね。
由美ちゃん
2010/05/30 16:37
ksk0204さん、こんばんは♪
ディアゴスティーニは利用者が多いですね。
やはり寝不足になりますよね。
杉良太郎さんは、清水の次郎長シリーズのビデオを借りてきて観ましたがそれはかなり年を取ってからのものなので、若い頃の作品はまだ観ていないんですよ。
時代劇コレクションは東映時代劇全盛時代の昭和30年代頃のものなので、リアルタイムで観た方は殆どいないと思います。
この頃の時代劇スターで今も現役で活躍されているのは、里美浩太郎さんだけだと思います。

プリンの写真、忘れましたねσ(^ ^;
一気に5個くらい食べました。
いつもそんな感じなんですよ(-^ー^-)
プードル
2010/05/30 20:14
由美ちゃんさん、こんばんは♪
由美ちゃんさんもディアゴスティーニを買ってるんですか
それにしても落語とは渋いですね。
良い趣味だと思います。
そういえば、浅草に落語を聴きに行くって言ってましたよね。
「月影兵庫」はまだ観てないんですよ。
でも、そのエピソードは載っていました。
お父様の立ち回りが凄くて、教えて貰おうとしても教えてくれないので、自分で習得するのにとても苦労したそうです(-^ー^-)
時代劇コレクションに出てくる松方さんは、まだ俳優に成り立てで若くて綺麗ですよ。
昔は、綺麗な顔じゃないと俳優になれなかったのではないでしょうか
今は顔よりスタイルの時代で、ヘアースタイルや服装でごまかしていますよね(-^ー^-)
プードル
2010/05/30 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も寝不足! テレビ大好き!(自由猫のように...)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる