テレビ大好き!(自由猫のように...)

アクセスカウンタ

zoom RSS 子猫物語 第五章 コトラとコタツ!(現在名 パクチーとバジル)

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像



こちらは、以前、他のブログに掲載したものです



メロンが来てから他の猫がいなくなったのですが...

石松は相変わらずマイペースでした。

餌を食べて、少し昼寝して、外に出て行って、喧嘩して、

怪我して...。

でも猫って、怪我の直りがすごく早いんですよね。

マキロンで消毒してマーキュロクロム液を塗っただけで、

すぐに傷口が乾いて、そしてかさぶたになって、はがれ

落ちるのですがそれが、ほんの数日しかかからないの

です。

ちなみに私は以前から傷口が化膿しやすく、ちょっとした

擦り傷でも化膿してズキンズキン痛むことが多かったの

ですが、不思議なことには猫たちに何度も引っかかれて

るうちに免疫が出来たらしく、最近傷の治りがすごく早く

なりました。

マキロンで消毒しただけで殆どの傷が数時間で痛みが

止まりすぐに固まり、全然化膿しなくなったのです。

ほんとに不思議です。

そんなある日「メロン、なんだか最近太ったね。」

「ご飯を沢山食べてるせいかな?」なんて言っていたの

ですが、何やらお腹がめだってきました。

何しろ胴が短いので、よけいにお腹がぽっこりしてきたの

が目立ちます。

でも、この間子供産んだばかりだし、まさかね〜、そんな

に早く妊娠なんてしないわよね〜。

などと楽観視しているうちに、ますますお腹が大きくなり

、そしてある日...。


それは2月頃、わりと暖かい日でした。

午後になってもメロンが2階から降りて来ないことに気が

つきました。

朝ご飯も食べてないし、まさかダイエットでもあるまいし、

おかしいなと思って2階に上がって見ると、どうやらダン

ボールを組み立てて作ったピンクのキャットハウスの中

に入っているようです。


中を覗いてみると、変にすまし顔のメロンが寝そべって

います。

ふ〜ん、でもなんか変??表情が何となくおかしいので

す。

無理に平静を装っているような...。

よ〜く中を覗いてみるとお尻の後ろに何か隠してるよう

な素振りです。

無理矢理メロンのお尻をどけてみると、あらあら、いまし

たわよ、小さな丸いものが2つ並んでくっついて寝てい

ます。

取り出して見ると、う〜ん猫というよりも、どっかで見たこ

とあるようなかたちの生き物なんだけど何だっけ??

しばらく考えてやっと思い出しました。

ムーミンに似てる〜!!

下ぶくれの顔に一本の線のような目、頭に張り付いた小

さな耳、なんだかちっとも猫っぽくない!!

猫って産まれたばかりの時は、こんな変なかたちなんだ

〜??

不思議〜??

でも、初めてみる産まれたばかりの子猫に、なんだかす

ごく感動しました。

さて、メロンは産まれたばかりの子猫をくわえて、あっち

へこっちへと必死に隠すのでした。

毎日、洋服ダンスや押し入れに隠してばかりいたので、

2匹はかなりの過保護児童になってしまいました。

けっこう大きくなったのに、目も開けられず、立つことも出

来ず、もしかして身障なのでは?

このままではいけないと思い、歩行訓練をさせたり、ベ

ランダに出して日光浴をさせたり、随分手をかけて育て

ました。

さすがのメロンもこのときばかりは2ヶ月間付きっきりで

した。

トイレ以外は片時も子供のそばを離れず、かいがいしく

世話を焼いていました。

そのころ、ちょうどテレビで『タイガー&ドラゴン』がヒット

していたので、大きい方をコトラ(パクチー)、小さい方をコ

タツ(バジル)と名付けました。

コトラ(パクチー)は沢山ご飯を食べ、グングン大きくなっ

てまるまると太って、活発で人なつっこい子です。

とても無邪気でかわいい性格です。

やっと立ち上がったと思ったら、ピョンとひとはねしてすぐ

に走り出しましたし、トイレもすぐに自分で憶えました。

毛の質も他の猫と違って、長くてふわふわと柔らかいで

す。

後から加わった、コパンや子夏の面倒もよく見て、かなり

慕われています。

一方コタツ(バジル)は、食が細く小さくて、おっとりとお

となしい性格です。

でも、意外と度胸が据わっていて、コトラ(パクチー)と一

緒に歩行訓練をさせている時など、コトラ(パクチー)はず

っと泣いてばかりいたのに、コタツ(バジル)は一度も泣

かずに黙々と歩き続けました。

見かけによらず、根性があるみたいです。

兄弟喧嘩の時も、後ろ足で立って、手を前に構え、体を

左右に揺すりながら「ほら、かかって来いよ!」といわん

ばかりにコトラ(パクチー)を挑発するのですが、その仕

草がとてもユーモラスです。

猫って、犬よりもおもしろいな〜と思いました。

ちょっと前までは犬を飼っていて、猫には全然興味が無

かったのですが、今では嘘のようです。

コタツ(バジル)はわりとマイペースで、呼んでも気が向

かない時は来ません。

わりと人間の食べてるものをほしがる傾向があって、肉

炒めとか食べていると匂いにつられてどこからともなく現

れます。

本当におもしろい猫です。

毛の質は、母親に似て短く堅い毛質です。

走るのも、トイレを憶えるのもコトラに少し遅れましたが、

神経の図太さでは勝っています。

コタツは、後から加わるコパンや子夏達には全く興味が

ありませんし、近寄っていっても相手にしません。

ほんとにマイペースな猫なのです。

二人(二匹)は、性格も外見もまったく対照的なのですが

、寝ているときの顔の向きや手足のかたちが2匹全く同

じで、やっぱり人間で言えば双子と同じなんだな〜と思

いました。

とにもかくにも、2ヶ月くらいの間は3匹は片時も離れず

に、平和な生活を送ることができました。


が、まだまだ物語はこれで終わらなかったのです。



第六章(いじめられっ子コパン!)へ
http://poudre.at.webry.info/200811/article_25.html



2006年07月04日



画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログへのご訪問ありがとうございました。

猫がいっぱいのブログいいですね。
うちも猫を飼い続けているので、猫好きですね。

オスってよく喧嘩してきますよね。
顔の周りとか耳の先がゴワゴワしてると思うと、傷が。

消毒なんてしてあげたことがないのでうちのはそんなに早くは治らないかな。

今はメスなので楽してますよ。
ヤベっち
2008/11/17 17:02
ヤベっちさん、はじめまして♪
猫が一杯なんですけど、実はこれは、うちの猫じゃないんですよモ
パソコンがウイルスにやられてしまった為に、この頃の画像は殆ど残っていません。
それで、他から借りてきたものです(^^ゞ

ヤベっちさんも、猫チャンを飼ってらっしゃるんですねホ
雄猫は、ほんとによく喧嘩しますね。
でも、雄猫の方が無邪気な感じで可愛いです(^^)
牝猫は、より人間に近い感情を持っているような気がするんですよ...
プードル
2008/11/18 01:25
本当に産まれた頃から世話してたんですね (^^) 産まれたばかりの仔猫ってそうですね、ムーミンですよね(笑)葉奈恵の親猫が結構過保護でしたよ。葉奈恵は怪我してウチで保護したからウチでも過保護にしてしまい、今は凄い甘えっ子になってます(^^)
miyo
2008/11/19 17:09
やっぱり、ムーミンでしたか?
後から産まれた小夏がわりとしっかりしていたことからみると、パクチーとバジルは多少未熟児だったような気がします。
歩けるようになるまでが、二週間くらいかかっているんですよ。
でも、手がかかった分、わりと素直ですよ(-^ー^-)
プードル
2008/11/19 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
子猫物語 第五章 コトラとコタツ!(現在名 パクチーとバジル) テレビ大好き!(自由猫のように...)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる