テレビ大好き!(自由猫のように...)

アクセスカウンタ

zoom RSS 子猫物語 第二章(ベージュの猫の壮絶な死!)

<<   作成日時 : 2008/11/13 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


こちらは、以前、他のブログに載せたものです。

一気に掲載したら読みづらいようなので、一度削除して、

小分けして掲載し直しました。




石松が来てからしばらくして、ガールフレンドが出来まし



その猫はキジトラで、子猫の時に団地を追い出されて、

近所でご飯をもらっているのを見たことがあります。

2匹で仲良く外を走り回っている姿は、とてもかわいらし

く微笑ましいものでした

多分、人間でいえば石松が20才ぐらいで、キジトラの子

猫は16,17才ぐらいかなと思いました。


そしてその数ヶ月後、家の近くの植え込みの中に、2匹

のかわいい子猫が棲み着きました

1匹はキジトラ、もう1匹はベージュでした。

多分、石松の子供に違いないと思いました。

2匹とも人に馴つかず、近寄るとすぐ逃げてしまうのです

が、誰もいないときには入ってきて餌を食べたり、お昼寝

をしているようでした

そして、少し大きくなった頃にどこかに行ってしまい、見

かけなくなりました。


1年くらいたった頃、怪我をして首が腫れたベージュの

猫が、家の中を覗いています。

助けを請うような目つきでじっと私の顔を見ているので、

すぐにあの時の子猫だと気がつきました

随分と立派な面構えになり、体も石松よりもずっと大きく

なっていましたが、人に馴れないのは昔と同じで、傷口

を消毒してあげようとしても逃げてしまってどうにもなりま

せん

お腹をすかせているようなので、とりあえず缶詰と牛乳を

あげると、むさぼるように食べました。


だんだん寒くなってくると、隣の家のお風呂の排気口の

上にちょこんと座って私の帰りを待っているようになりま

した。

その姿が本当にかわいいのです

お風呂を沸かしている間は暖かいのだろうと思いますが、

やけどでもしないかと思い、心配になりました。

そこで、発砲スチロールの箱を2つもらってきて、猫が通

れるくらいの穴をくりぬいて、それを2個つなげてキャット

ハウスを作ってあげましたが、結構気に入ったらしく、夜

はずっとその中で寝ているようでした


でも、人が近づくと猛烈な勢いで飛び出して逃げてしま

うのです

雄の猫って縄張り争いがあって大変なんだと思いました。

スプレー行為をして、ご近所に迷惑をかけたり、、怪我を

していても喧嘩が止められないみたいです

たとえ、それで命を落とすことになっても...


そのうちベージュの猫の傷口がだんだんと化膿してきて、

ぐったりと玄関口に寝そべっていることが多くなりました。

でも私が帰ると、うれしそうに頭をたれて近寄ってくるの

です、とても不憫でした

でも、つかまえて病院に連れて行こうとしてもどうしても

つかまりませんでした


その冬はとても寒く、可哀想に思い、朝、毛布とホッカイ

ロを二つ、キャットハウスに入れてあげてから仕事に行

きましたが、帰ってみるとその箱の中で冷たくなって死

んでいました


たった1年足らずの短い生涯でした。

どうにかして助けてあげられなかったことが、とても悔や

まれました



第三章(五匹の子猫を連れた母猫!)へ
http://poudre.at.webry.info/200811/article_22.html




画像















ハーマン・テディベア テディ ジョイント(グローラー内蔵) ベージュ 37cm
ハーマン・テディベア

ユーザレビュー:
手足の動き▲手足を動 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


スマートベッド クレイトパッド S ベージュ
OFT

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




アイリスオーヤマ ネコのトイレ NE-550(大) かすみベージュ
アイリスオーヤマ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
外猫は過酷な世界で生きてるし、飼い猫と違って病気も早期発見出来ないですよね。産まれてすぐに亡くなった仔猫、突然亡くなってた子、妊娠中に何か問題あったのか、亡くなってた子、私も色々と死に遭ってますが、やりきれないですよね…。でも、必ずその死はこの世に何かを残してると考えてます。
miyo
2008/11/19 16:44
そうですね、野良猫と関わっていると、いろんな死に直面しなければなりませんね。
でも、野良猫は、ショップで売られている猫に比べて、免疫やその他、いろいろ強いようですよ。
強い種類が生き残るからだと思います。
人間も、やはり過酷な環境で育った人達は、強いですよね。
プードル
2008/11/19 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
子猫物語 第二章(ベージュの猫の壮絶な死!) テレビ大好き!(自由猫のように...)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる